トイレリフォームで水漏れ対策

トイレ 水漏れをしている場合にはトイレリフォームが必要になります。まずは専門の業者に水漏れの原因を確かめてもらい、それに合わせて適切なトイレリフォームをすることが求められます。

■パイプのトラブル

トイレからの水漏れの原因のほとんどがパイプのトラブルです。トイレのパイプが劣化してしまって、そこから水が漏れだす場合と、パイプに何かが詰まってしまって、それが原因でパイプのつなぎ目から水が漏れてしまう場合があります。パイプの交換は非常に難しい修理ですので、専門の業者に工事を依頼しなくてはなりません。水漏れの状態をそのままにしておくと家屋にダメージを与えてしまうことも考えられますので、迅速な対応が必要です。

■パッキンの劣化

水漏れの原因として、パッキンの劣化も考えられます。パッキン部分のネジが緩んでいるのであれば、それを締めなおせば簡単に水漏れは解消します。パッキンの劣化の場合も同様にパッキンを交換するだけで解消します。これらの交換工事は自分で行うこともできるのですが、その場合には必ず専用の工具を使うことが必要です。正しく無い工具を使ってしまうとトイレの他の部分を傷めてしまう場合もあります。

■まとめ
トイレからの水漏れがある場合にはトイレリフォームが必要になります。簡単な修理の場合には自分で修理をすることもできますが、ほとんどの場合には業者に修理を依頼することが必要になります。まずは水漏れの原因を突き止めることが肝要です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ